2015年3月24日火曜日

猛禽ツミのシンポジウムを開きます・4月19日(日)午後

           
東京の環境を考えるシンポジウム 第4

 北多摩の自然 “武蔵野”の自然の今と昔・そして未来  

 《主催:日本野鳥の会東京・NPO法人バードリサーチ・都市鳥研究会》

日 時:2015年4月19日(日) 開場1315分 講演1330分~16
会 場:東京都渋谷区立千駄ヶ谷区民会館・会議室〔定員80名〕《地図》
交 通JR山手線「原宿駅」下車・徒歩8分、東京メトロ副都心線「北参道駅」下車・徒歩5分、千代田線「明治神宮前駅」下車・徒歩10分   参加費300                                                                          ※どなたも参加できます!     
【基調講演】

1.ツミはなぜ武蔵野で繁殖をするようになったのか(仮題)   
              植田睦之氏(NPO法人 バードリサーチ) 

2.写真で見る市街地でのツミの繁殖       
                            吉田 巧氏(日本野鳥の会東京)

3.ツミの東京および近郊での営巣状況の推移
               川内 博氏(都市鳥研究会)

【パネルディスカッション】

鳥が変わったのか?武蔵野が変わったのか? ツミ繁殖の謎を追う

2 件のコメント:

大出水幹男 さんのコメント...

質問 ※どなたも参加できます! と書いてありますが当日参加でも良いと良いことでしょうか?

日本野鳥の会東京・研究部 さんのコメント...

定員はありますので、先着80名ということで、
当日早めにお出で下さい。