2016年8月8日月曜日

都内のムクドリのねぐらは?・⑤           戸山公園のねぐらはいずこに

  

 

都心部に唯一あった新宿区戸山公園のムクドリのねぐらが消失したという情報で、729日夕方、現地を訪ねました。昨年まで1000羽近く集まっていた交番わきのケヤキの大木の先端部が大きく剪定されていました〔写真:川内 博氏提供〕。午後6時を過ぎてもムクドリは飛来しません。他に変化はないようですので、原因は住民に嫌われ・追い立てられ・ねぐらの木が剪定されたことと思われます。が、現地を見て首をひねりました。“この程度の嫌がらせでムクドリが立ち退いてくれれば、他で困っているところは何?”

ムクドリのねぐらで困っているのは日本国中どこも同じで、“さまざまな手段を使っても、ムクドリは一時いなくなるだけで、馴れるとまた戻ってくる! 打つ手がない!!”戸山公園のねぐらがまた復活するか否かは、もう少しようすを見る必要がありそうです。

しかし、このことは、「どこかにムクドリのねぐらが新たにできた」ということを意味しています。午後615分、少し前にムクドリの群れが通過していった南東の方向に、新たなねぐらを探して歩きましたが空振り。今のところ新・ねぐら地は発見できていません。東京女子医大病院あたりかと思っていますが、情報をお寄せください。

                                 〔日本野鳥の会東京・研究部〕

2016年7月24日日曜日

都内のムクドリのねぐらは?・④           西葛西駅のいま・2016

  

 東京都内のムクドリのねぐら③は、昨年99日付で、東京メトロ・西葛西駅(江戸川区)の状況をお知らせしました。「ムクドリの嫌う周波数の音を出す」という“新兵器”が取り付けられ、今までのねぐら一帯にムクドリは来なくなりました。しかし、ポイントは新兵器の周波数・音にムクドリが慣れないうちに、“これをうまく使って、人とトラブルを起こさない場所に誘導を”ということでした。

722日(金)に同地を訪れました。今年も、駅南口のクスの大木では“カン・カン・・・”という、昨年とは少し違った人工音が鳴り続けていました。明るさが1000ルクスくらいになると、ムクドリは駅周辺のビル屋上の看板やTVアンテナに、数百羽ずつが集まってきました。その数は合計2000羽程度と思われます。そして100ルクスを切ると、ムクドリは南口一帯の樹木に降りてきました。もちろん、新兵器が鳴り続ける大木にも、躊躇することなく舞い降り、以前と同じ状態となりました〔写真〕。北口の街路樹には1羽も止まっていません。昨年指摘した通り、ムクドリたちは新兵器に“実害はなし”と学習したようです。

それにしても、ピンポイントでねぐらに集まる彼らが“嫌われてもなぜここを選ぶのか”という当初からの疑問に対して、いまだに明快な答えが書けないのが現状です。    〔日本野鳥の会東京・研究部〕

2016年7月15日金曜日

『自然教育園報告』第47号に「野鳥調査会」の記録が掲載されました

  



 JR目黒駅から近いためか“めぐろの自然教育園”として親しまれていますが、所在地は港区白金台。おしゃれな“シロガネーゼ”の地に広がる緑地は、古くはオシドリの池、近年はカワセミの営巣地としても有名です。1949(昭和24)年に文部省に移管され、「国立自然自然教育園」として一般開放されました。園内では継続的に動植物の調査が行われ、1969(昭和44)年度から『自然教育園報告』が年報として出されています。

その第47号に、当会研究部と都市鳥研究会の共同で行った「野鳥調査会」の調査結果が掲載されました。タイトルは「自然教育園における2010年代前半の生息鳥類について」で、201211月~201510月までの3年間における月1回のセンサス調査の結果を主体にまとめてあります。奇数月のセンサス調査は、日本野鳥の会東京の会員にも呼びかけ、参加してもらいました。

出現鳥類は外来種も含めて112857種で、個体数は平均約20000羽/年。この間の特徴的な変化は、エナガ〔写真・川内 博氏撮影〕の定着と繁殖。とくに2014年春には竹やぶに造った巣も発見され、11羽の巣立ち雛も撮影されました。こんな小さい空間に11羽の雛と親鳥が一緒に入れるものかと巣を見た人は皆驚いていました。

※この記録の別刷りを希望の方は、PDF版をメールでお送りします。研究部・野鳥調査会あてメールください。また、下記にアクセスすると、バックナンバーを含め『自然教育園報告報告』を読むことができます。
http://www.kahaku.go.jp/research/publication/meguro.html〔国立科学博物館〕

2016年6月27日月曜日

ウグイスが新宿御苑で越夏中・ヤマガラにも要注意

  

 ウグイスの平地部・都心部での繁殖を調べています。昨年626日付の本欄で、東京23区・練馬区の石神井公園での越夏をアップしました。今夏は、JR山手線内の新宿御苑で越夏が記録されています。
 なかなかの美声の持ち主で、園内の母と子の森、上の池付近でよく囀っています。単独なのか雌がいるのかはわかっていません。また、繁殖についてはまったくわかりませんが、都心部の新宿区まで繁殖期の生息が広がっていることは注目に値します。新宿御苑を訪れた際はご注視ください。

 ヤマガラ〔写真・川内博氏撮影〕についても、同じように分布拡大傾向が見られています。新宿御苑では複数が、また、自然教育園(港区)でも、繁殖期の記録が増えています。

情報をお寄せください。
連絡先:office@yacho-tokyo.org         〔日本野鳥の会東京・研究部〕

2016年6月8日水曜日

「湿地保全シンポジウム」のご案内 6月19日(日)午後

  


日本のラムサール条約湿地は、現在50か所です。しかし、重要な未登録の湿地がたくさんあります。環境省は重要湿地500を仮定し、「生物多様性の観点から重要度の髙い湿地(重要湿地)を公表しました。
今回のシンポジウムでは「日本のラムサール条約湿地50から100へ」のテーマを掲げ、日本の湿地保全の確認・条約湿地の増加・湿地全体の保全の推進を考えていくことで、下記の内容で講演・報告が予定されています。

【日時】2016619日(日)13301630
【会場】葛西臨海公園 鳥類園ウォッチングセンター・
         レクチャールーム
                [JR京葉線・葛西臨海公園駅下車・徒歩15分]
【申込み・参加費】申込み不要・参加費無料
【主催・問合せ先】ラムサール・ネットワーク日本(※)/
         日本野鳥の会東京
   ※TelFax0338346566  Eメール:info@ramnet-j.org

【プログラム】
 Ⅰ.基調講演
  1)生物多様性国家戦略とラムサール条約
  2)日本の重要湿地とラムサール条約登録湿地の現状と課題
 Ⅱ.登録を目指す湿地からの報告
 1)東京湾 葛西海浜公園・三枚洲//三番瀬  2)愛知県表浜
 3)吉野川河口  4)多摩川河口  5)泡瀬干潟

質問・意見交換

2016年5月26日木曜日

カラスの巣窟でなぜカルガモは繁殖するのか・求むヒント

  

5月下旬、代々木公園に、東屋でのスズメの繁殖を確認しに行きました。天井の梁に、営巣防御用のベニヤ板が張りまくられてましたが、そこはスズメのこと、隙間をうまく利用して多数営巣していました。
ところで、その際に公園中央の噴水池に立ち寄ると、カルガモが親1羽、孵化間もないヒナが10羽、池内を泳ぎ回っていました。代々木公園は、都内でもハシブトガラスが多数常駐している場所で、その数は数百~千羽と推定しています。隣接する明治神宮は夜間にねぐらとして利用していますが、昼間はあまり苑内にいません。
ところが、代々木公園には、日中多数が“たむろ”しています。来園者が食べ残す残飯が多いわけでなく、また、そのような生ごみ漁りを見かけることもほとんどありません。明治神宮側の落葉が大量に敷き積まれている場所で、何らかの食物を採っている姿をよく見かけます。このカラスたちは、飲水と水浴びの場所として噴水池を高頻度で利用し、ひっきりなしで池畔に降りたちます。そんな場所でなぜカルガモが繁殖するのでしょうか。

実際、その日も少し観察していると、岸辺に近づくヒナをねらう1羽のカラスが、執拗に狙っていました。親はカラスを威嚇していました〔写真〕が、ヒナたちはどんどん岸にあってしまうので、隙をみてヒナが捕食されるのは間違いないと思われます。

ところで、お隣の明治神宮には南池・北池・東池と3つの池がありますが、冬期に少数飛来するだけで、繁殖はほとんどしていません。危険と知りながら、そこで子育てをするからには、何らかの利点があるのでしょうが、今のところ理解できません。なんらかのヒントがありましたらお願いします。                       (川内 博)

2016年4月21日木曜日

野山や水辺を歩こう…鳥信のすすめ

  

4月上旬から5月中旬は、山野、川沿い、海辺、公園など、どこを歩いても、野鳥たちの生き生きとした姿や鳴声が楽しめます。とくに4月中は、日ごろは山や北国に行かないと出会えないような小鳥たちに、街なかの公園などの緑地でも見られます。
412日には、練馬区の光が丘公園でコマドリの雄が見られています〔写真・川内博氏提供〕。同園の野鳥カメラマンが集まるところなので、餌が置かれているのかもしれません。同日には、文京区の小石川植物園でも観察されているようです。ちなみに、昨年は49日には、オオルリの雄が、港区の自然教育園で撮影されています。
これからも、上記種以外にも、キビタキ、センダイムシクイ、コルリ、サンコウチョウなどの山の小鳥が通過していきます。そのなかで、キビタキは最近平地の森でも繁殖をはじめていますのでご注意を。
街なかの緑地に限らず、春の渡りの記録は、種名・月日・場所(地名)・数などを記して、メールやFax、ハガキなどでお知らせください。写真もお送りください。

【鳥信(ちょうしん)の送り先】
Eメール:office@yacho-tokyo.org Fax03-5273-5142  1600022 新宿区新宿51816 新宿伊藤ビル3階 日本野鳥の会東京・鳥信係