2017年2月12日日曜日

「東京のカラス問題」は過去問か?・・・2月15日のテレビ番組紹介

  
 
 さいきん身近な場所から“カラスが減った!”と思ったことはありませんか。ごみ集積所で生ごみを食い荒らされることがなくなった、いつもの散歩道でカラスの姿が少なくなっていると実感されている人は多いと思います。東京都心部で「カラスが減った」という証拠があります。都市鳥研究会が5年ごとに行っている、都内3か所の集団ねぐら地(明治神宮・自然教育園・豊島岡墓地)での昨年末のカウント調査では、ねぐら入りする数は往時(18,664羽)の144,816羽)以下となっています。

「東京のカラス問題」については、1999(平成11)年から日本野鳥の会東京・研究部が中心になってカラスシンポジウムを立ち上げ、その対策を提案しました。その主旨は、東京都心部のカラスが増えた大きな原因は、雑食性のカラスの餌となる「生ごみ」が街角にあふれかえっていたため。対策としては、住人や業者のごみの出し方とそれを収集する行政の対応を改善し、結果的に路上にカラスの餌のない環境をつくり、彼らを「兵糧攻め」するのが一番だというものでした。そして“ごみを荒らすのはカラスだから、捕まえて減らせばいい”という対策はとらないようにという警鐘でした。

しかし、都が実施したカラス対策は、危惧していた「カラス捕獲トラップ」〔写真提供:川内博氏〕の大量設置でした。2001年から都立公園など100か所以上に、大型の捕獲用のトラップを設置し、毎年1万数千羽のカラスを捕殺し続けています。
世間的にはそれが功を奏してカラスが減ったと思われていますが、5回開いたカラスシンポジウムの会場には、ごみ荒らしに困っている住民や、収集している23区の担当者も多数出席していて、「ごみの管理」が一番ということを理解してもらっていて、各区でそれぞれ創意工夫・努力がされ、野放し状態だったごみの管理がしっかりされ、都民からのカラス関係の苦情は激減しています。

一連の「東京のカラス問題」が、215日(水)の深夜(16日)午前043分~113に放送されるTBS「上田晋也のニッポンの過去問」に登場します。タイトルは『東京カラス騒動』とのことです。

2017年1月12日木曜日

ご案内 ガンカモ類調査交流会 1月29日

  


モニタリングサイト1000ガンカモ類調査交流会


2017129日(日)谷津干潟自然観察センター

13:0017:00 ガンカモ類調査交流会(参加費無料、申込不要)

17:0019:00 懇親会(HPからお申し込み下さい)

プログラム 詳しくはHPをご覧下さいhttps://goo.gl/EPPU2K

身近なガンカモたち

荒川で越冬したハクガンの状況と東京のカモ事情(川内博 日本野鳥の会東京) 〔写真〕
関東地方におけるマガモ属の減少と農業集約化の関係(渡辺朝一)
東京湾のスズガモの動向(志村英雄 日本野鳥の会千葉県/NPO法人野鳥千葉)
ホシハジロとコガモは、北へ行くほどオスが多い(神山和夫 バードリサーチ)

全国的なガン類・ハクチョウ類の動向

増加しているマガンは何を食べている?(嶋田哲郎 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団)
ハクチョウ類の状況(小西敢 浜頓別水鳥観察館)


新技術を使ったガンカモ調査

広い湖沼のガンカモ類をドローンで数える(神山和夫 バードリサーチ)

2016年12月20日火曜日

報告書『東京の野鳥たち~月例探鳥会7か所・20年間の記録~』の案内

  

 日本野鳥の会東京が毎月実施している探鳥会(月例探鳥会)は、東京都・千葉県下10か所。そのうち都内にある7か所(葛西臨海公園・東京港野鳥公園・清澄庭園・明治神宮・多磨霊園・高尾山・多摩川)での、1995年度~2014年度の20年間の記録をまとめた報告書『東京の野鳥たち~月例探鳥会7か所・20年間の記録~』(A4版・129ページ・図)が発行されています。この7か所は東京湾沿岸から都心部・郊外・山地・河川と、東京を代表するような環境が網羅されていて、東京都内全域の傾向を知ることができます。

一般的に探鳥会の記録は、観察種名だけが記されていることが多いものですが、月例探鳥会の記録はおおまかながら個体数が残されていて、今回、研究部のもとで電子化がされ報告書が作製されました。データをもとに、各種のグラフが載せられ、具体的に鳥の数の動きがわかります。

☆入手希望の方は、日本野鳥の会東京あて、メール・Fax・はがきなどでお問い合わせください。
Emailoffice(AT)yachotokyo.org ※メール発信されるときは(AT)を@に変換をしてください。Fax03-5273-5142  
1600022 新宿区新宿51816  新宿伊藤ビル3階  日本野鳥の会東京・研究部

2016年11月27日日曜日

越冬期のオオタカの生態・講演会の案内・12月2日(金)・新宿

  

繁殖期のオオタカの生態については、多くの調査研究がありますが、越冬期の生態についてはまだよく知られていません。そこで、栃木県でのようすを、日本野鳥の会東京・研究部例会の中で紹介してもらいます。オオタカに興味のある方はご参加ください。

題 名:栃木県下でのオオタカの冬のくらし

         講師:遠藤孝一氏(オオタカ保護基金)

日時:2016122日(金)午後7時~9時〔講演は40分程度〕

会場:新宿区立環境学習情報センター・研修室《都立新宿中央公園内・略図参照》

交通:都営地下鉄「都庁前駅」から徒歩約5分、東京メトロ「西新宿駅」から徒歩約7分。

   JR新宿駅からは、徒歩約15分。

資料代:200

2016年11月17日木曜日

秋本番の自然自然教育園・アオゲラ確認

  



すっかり秋色をおびた東京・港区の自然教育園〔写真〕。3年間のセンサス調査の結果を『自然教育園報告』第47号に報告を終え、今年は次号への執筆準備で月1回の探査を続けています。1117日(木)午前中2時間で園内を一周してきました。

  目立つ鳥はヒヨドリ。園内の全域に高い密度で生息していました。次いでメジロとハシブトガラスといったところです。冬鳥としては、シロハラ・ツグミ・ウグイス・シメ・アオジ・クロジ・ジョウビタキ・カケス・ホシハジロと9種を記録しました。また、今まで鳥影がなく寂しかった「水鳥の沼」にもカルガモ20羽が飛来し、ちょっぴりにぎやかになっていました。
  ところで、一番の収穫はアオゲラの生息です。今日は声での確認だけでしたが、今後定着するのか否か興味あるところです。他の緑地はどうでしょうか。           (川内 博)

2016年10月28日金曜日

第5回・東京の環境を考えるシンポジウムを開きます 10月30日(日)

  

  日本野鳥の会東京の室内例会「東京の環境を考えるシンポジウム」の第5回を下記の要領で開きます。今回は「定期調査」の重要性と継続性について検討します。資料として、レジュメのほか、新刊の『東京の野鳥たち~月例探鳥会7か所・20年間の記録~』〔A4判・129ページ・写真〕を配布します。この報告書は、都内7か所の月例探鳥会の⒛年間の記録をまとめ、分析したもので、東京の鳥を知るうえで、重要な文献となるものです。

【ご案内】

5 東京の環境を考えるシンポジウム
「野鳥の『定期調査』の今と昔・そして未来」

日 時:20161030日(日)1330分~16
会 場:渋谷区立千駄ヶ谷区民会館・会議室〔地図参照〕
資料代:1,000円〔レジュメ+報告書〕

 











2016年10月17日月曜日

野鳥調査に興味のある人集まれ!10月23日(日)

  

“バードウオッチングでは物足りない”と日ごろ思っている方は多いと思います。“鳥の野外識別”はひとつのスキルです。誰でもできることではありませんので、日ごろの力を生かすのが「野鳥調査」。そのチャンスが来年広がります。
 1つ目は、東京都が1970年代・90年代と実施してきた『東京都鳥類繁殖地図』の2010年代版を民間の力で作る計画があります。具体的にはNPO法人・バードリサーチが中心になっているもので、都内全域を1.1×0.9㎞のメッシュで調査しようというものです。70年代と90年代、そしてその20年後の今、どんな繁殖分布になっているか、一目瞭然となります。
  2つ目は、東京湾に300羽近く越冬しているミヤコドリ〔写真〕。その生態は不明な状態で、現在まで誰もきちんとした調査をしていません。その行動を実地調査するとともに、糞分析から食べ物を明らかにします。将来はバンディング調査も予定されています。
 3つ目はタカ類の越冬期調査です。今冬1月の調査で、23区内に19羽のオオタカが生息していることが明らかになりました。この話を展開していくうちに、実は、タカ類の越冬期のようすが、全国的にもよく調べられていないということがわかりました。来年1月にも調査を予定していますので、その発展形をと考えています。
そのほか、それらをまとめる室内作業の重要性なども考えていきたいと思います。

『野鳥調査に参加しよう』~あなたのスキルを活かそう!

時:20161023日(日)午後130分~330
場:渋谷区立神宮前穏田区民会館・集会場〈東京メトロ・明治神宮前駅下車・7番出口から徒歩1分・地図参照〉
参加費:無料・事前申込み不要
催:日本野鳥の会東京・研究部