2016年9月29日木曜日

都内のムクドリのねぐらは?・⑥           聖蹟桜ヶ丘駅と八王子駅のいま

           
  千葉や埼玉など、関東一円のあちこちで見られている“駅前ムクドリねぐら騒動”は、東京都内ではあまり問題になっていません。話題になるのは、東京メトロ・東西線の西葛西駅ばかりですが、そのほかにまったくないわけではありません。多摩地区では、2000年代に入って、京王線の聖蹟桜ヶ丘駅、2010年代になってJR中央線の八王子駅などが知られています。この9月に2駅の状況を調べてみました。

聖蹟桜ヶ丘駅のねぐらは、10年前とは少し違っていますが、今年は昨年と同じ場所で、数は目測で4000羽程度。駅の東側の果樹園付近に集結して、100ルクスを下回ったころで、一気にねぐら地の通りのサクラやケヤキ、スダジイなどに移動してきました。その場所ではムクドリが嫌うという機器がうなっていましたが、まったく無視されていました。買い物客や通勤客も多い場所だけに、嫌われているようでしたが、糞が落ちる場所は人通りが少なく、大きな問題とはなっていないようです。

八王子駅の方は、かつて上記の新兵器が効果をあげて、当時ねぐらとなっていたメインの買い物通りから姿を消しました。今回訪れてみたところ、駅近くのビル屋上の電波塔に集結し〔写真〕、やはり100ルクスを切って薄暗くなってから、駅前ロータリーから北へまっすぐ伸びるメイン道路の両側のマロニエの並木に、約2500羽程度がねぐらを取りました。ここはとくに防御機器は設置されていないようでした。八王子駅前は、人通りも多くなかったためもあるのか、通りすがりの人が、鳴き騒ぐ声に目をやる程度で、とくに大きなトラブルにはなってはいないような印象でした。

いずれも1回の調査ですので、きちんとした把握はできていません。今後も追跡調査を重ねていきたいと思っています。                                   〔日本野鳥の会東京・研究部〕


3 件のコメント:

Hira さんのコメント...

聖蹟桜ヶ丘駅には月数回夕方に行くことがあり、確か7〜8月頃だったと思いますが何回かムクドリがあまりいないことがありました。
ムクドリ避け機器が唸っていたので、短期間効果があって少し場所を変えていたのかもしれません。

Hira さんのコメント...

今日は聖蹟桜ケ丘でねぐら入りを見てきました。
上空マスゲームの群れを眺めながらムク避け機器設置してあるせいせきB・C館の間あたりに来たら道は綺麗で、京王電鉄本社の周り3本の木の下に大量の糞。
京王本社の入り口にはスピーカーを長い棒につけた人がいて、大音響を流していたが、結局その目の前の木に数十羽が入ったところでギブアップしで中に入ってしまい(中で京王の人らしき2人が拍手してましたが意味不明)、その直後多数のムクドリが3本の木に入っていきました。
音響はねぐら入りを遅らせるくらいしか効果はなさそう。
それともせいせきB・C館の方の追い出しとか総数が減っているとかの効果はあるのかな?

Hira さんのコメント...

今日聖蹟桜ケ丘に行ってみたら、音響で追い出すのは諦めたようで静かでした。
ムクドリは前回と同様に京王電鉄本社の周りの、下に糞が落ちている4本の木に入って行きました。
うち1本にはムクドリが入る前にスズメが数十羽休んでいました。